過払い金請求は専門家に依頼するのが得策

数年、ラジオやインターネットなど色々なメディアで、多くの司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求についての相談受付のCMを流されていると感じられていらっしゃる方も多いと思います。最近のラジオCMでは、実際に過払い金を取り戻した方の声を使ったものまであります。

ラジオCMを毎日の様に耳にする内に、私も「自分にもあるのかな?」と次第に思うようになっていきました。

8年前に完済していた消費者金融のカードローンでしたが、約2年程キャッシング利用を続けていたものでした。
当時の金利を覚えていませんし、当時利用していたカードローンの名前で検索しても、「あまり過払い金は発生しない」などの情報も目にするなど半信半疑でした。念のため借金減額シュミレーター口コミでどらぐらい減額できるか?試してみました。

その結果、かなりの減額が期待できるとわかったため、思い切って消費者金融の窓口へ電話をし、取引履歴の開示をお願いしてみました。

1ヶ月程の時間が掛かったかもしれませんが、消費者金融側からは、親切なことに取引履歴と一緒に引き直し計算書と債権届けが同封されていました。この様なケースは少ないと聞きます。

そこには、過払い金があることが明記されていました。金額にして約20万円。ラジオCMで聞く様な司法書士事務所や弁護士事務所など専門家に依頼するべきなのか、自分自身で消費者金融に請求交渉出来るのか迷いましたが、専門家へ支払う成功報酬などを考えると、20万円なら自分で交渉してみようと決めたのです。
しかし、消費者金融の担当者から出てきた和解案は、過払い金の70%の14万円を振り込むというものでした。「何故減額されるのか?」と尋ねても、何やら分からない言葉で誤魔化された感じでしたが、なるべく早く振り込んで欲しい気持ちがあったことから、提案通りの70%で和解してしまったのです。

私の場合、過払い金自体が約20万円だったので、専門家へ依頼した場合には、例え全額を取り戻せたとしても成功報酬などを支払うと、今回手にした金額位になってしまうのでしょう。しかし、過去に5年や10年など長期でキャッシングを利用していた方なら、50万円や100万円などと言った過払い金が発生しているケースもあると思います。

そんなケースが想定されるなら、間違いなく専門家へ相談されるのが得策です。取り戻すまでに掛かる手間も省けますし、取り戻せる金額も多くなるからです。成功報酬を支払ってでも、専門家へお任せするのが懸命です。

借金の目安とは

現在金融機関では一般的には住宅ローンなどを除いて年収の3分の1以下程度しか借りることができません。キャッシングなどでも査定で基準とされるので申し込みでカードローンが組めなかったりもします。私の場合も以前はクレジットカードにキャッシング枠の金額がそれなりについていたのですが、退職してフリーランスになってしばらく収入がなかったときにどこからかの情報で更新時にキャッシング枠がゼロになってしまいました。おそらく年収がゼロで査定されてしまったのでこのゼロにいくら3分の1を掛けてもゼロという判断だと思います。借金の目安はこういう基準でも3分の1と考えられていますが、やはりそれぐらいでないと返済がかなり難しいようです。私の場合のように以前は収入があっても無職になったことがわかると借金ができなくなっているといったこともあります。現在カードローンできていたり、クレジットのキャッシングがあるからといつでもその額が借りれるとは限らないということです。

魔のクレジットカード

現在、約100万円の借金を負っている、30代も最後となっている男性会社員です。

どうして借金を背負うことになったのかと言うと、クレジットカードの使いすぎです。

お金がなくても支払ができるので、便利で使っていたのですが、この便利さが自分にとっては良くなかったのです。

お金にルーズだというだけの話ですが、クレジットカードで支払えば、物やサービスが手元に来るため、実際にお金が引き落とされていなくても、払った気になってしまったからです。

そして気がつくと、最大で150万円を超える借金を背負っていたのです。

家具・家電に始まり、ブランド品などもカードで購入していたので、膨らみ続けていたのです。

しかも、そのような状態でもまだ大丈夫だと思ってしまっていた自分が居た為、借金が減ることはありませんでした。

しかし、実家住まいであったため、カード請求の明細が親に見つかり、借金の額を見た親が大激怒し、勘当寸前まで怒られました。

そこで、ようやく自分がしてきたことに気がついたのです。

そこからは、クレジットカードを解約し、手元にあるお金でどのように過ごせばよいのか、借金を返していくにはいくらで生活をしていかなければいけないのか、と言うことを考えなおし、生活を一変させました。

もともと収入は少なく、年収で400万円を下回る額なので、月々の返済額はなかなか増やせない為、返済に時間が掛かることを覚悟してとにかく、我慢しながら、たまに安いものを買いながらストレスが溜まらない様にガス抜きをして返済を続けています。

これから先、まだしばらく返済には時間が掛かりそうですが、自己破産をしないで何とか最後まで返し続けたいと思っています。

今後は親に迷惑を掛けないように借金返済してお金を貯めることができたら、部屋を借りて生活していきます。

そして二度とクレジットカードを持たないようにします。

起業に際して借金しました

“私はアメリカに住んでいたのですが、最初は大学生だったので、学生ビザでアメリカにいましたが、卒業してからどうするかでかなり悩みました。それで、私の友達が自分の会社を作ってその会社から労働ビザを取得するという方法があるということを教えてくれました。そこで、私は貯金がなかったので、兄から会社を作る資金と弁護士費用の80万円の借金をしました。弁護士費用は40万円くらいでした。無事に会社も作れて、労働ビザも取得することができましたが、その直後、私は悪性の胃潰瘍で手術を受けることになって、仕事ができなくなりました。

日本に帰国して胃の切除手術を受けたのですが、それから1年間は全く仕事ができない状態でした。それで借金を返すあてがなくて、返済を待ってもらうことになりました。今では父が残してくれたお金で借金を返しましたが、非常につらい時期を過ごしました。借金は返すことができないととてもつらいもので、できれば借金はしたくないです。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !